お金の事をもっと知っておきたい方への海外の消費者金融事情について

私たちがお金に困ったときに便利に利用させてもらっている消費者金融ですが、テレビを見ているだけでも数多くの貸業者がCMを流しています。それだけたくさんの業者が事業を行う中、定期的に話題に上げられる話が海外進出です。

各国の法律の違いや上限金利の違い、また日本で過払い請求が表立って取りざたされるようになり、海外へ目が向けられたのではないかと言われています。実際に過払い請求の支払いに追いつかず倒産してしまった貸業者も数多く存在するようです。

特に隣国の韓国が貸業者の中で注目されています。一番の理由は金利の問題です。日本では上限金利が年15%〜20%に対して韓国では49%と定められているのです。借りる側としては躊躇してしまう金利ですが、貸業者側としては非常に魅力的な数字です。既に多くの日本の企業が進出を果たしている理由もわかりますよね。

また、イギリスでは金利の上限がないにも関わらず、多くの人が貸業者を利用しているそうです。イギリスの平均的な金利は1日1%で、これを年利に計算すると何と2000%を超えてしまいます。日本では考えられない数字ですよね。

日本の企業は海外で目覚しい活躍を遂げています。海外へ旅行に行った際、日本のお店を発見すると嬉しくなってしまいませんか?金融業界も日本での成功のノウハウを活かし日々成長されているのですね。私たちが海外旅行へ行く際に、ほとんどの方がクレジットカードを持っていかれるのではないかと思いますが、それが近い将来には消費者金融のカードを持っていくことが当たり前の時代が来るのかもしれません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 知らないと損!プロミスよりも良い厳選金融会社はこちら! All Rights Reserved.